第一歩 申請資料の準備

以下の材料の準備が必要となります。

一、基本的申請資料

(一)パスポート:有効期間が申請日から6ヶ月以上、査証欄に余白ページがあるパスポート原本、およびパスポートの顔写真入りのページのコピー1部。

(二)ビザの申請表と写真:すべて記入して署名済みの『中華人民共和国ビザ申請表』の1部。写真の要求:近影、正面、カラー(白い色の背景)、脱帽、パスポート用写真(48mm×33mm)、具体的な規定はここをクリックください(2017年1月1日から実施)。

ビザ申請センターのウェブサイトからオンラインで記入し(この機能を有するビザ申請センターに適用される)、すべて記入した後でプリントアウトして署名する。

ご注意:ビザ申請センターにお越しになって申請表を提出される際には、必ず記入済みのビザ申請表をご用意ください。

(三)合法的な滞在あるいは居留証明(所在国の国籍を持たないビザ申請者に適用):もしも国籍を持たない国でビザ申請を行う場合には、現地での合法的な居留、就労、学習の有効な証明あるいは有効なビザの原本とコピーを提供してください。

(四)もと中国パスポートあるいはもと中国ビザ(もともと中国国籍を持っていて、後に外国国籍を取得した者):初めて中国ビザを申請する場合には、もとの中国パスポート原本とパスポートの顔写真入りのページのコピーを提供してください。また、中国ビザを取得したことがあり、新たに更新した外国パスポートでビザを申請する場合には、もとのパスポートの顔写真入りのページおよび取得した中国ビザのコピーを提出してください(新しいパスポートに記載された名前がもとのパスポートと一致しない場合には、関係する公的機関が発行した姓名変更を証明する文書を提供してください)。

 

、その他の申請材料

ビザ種類

申請対象者

必要書類 | 注意事項

 

交流・訪問・視察

F

交流、訪問、視察等の商業活動以外で訪中する物

●中国国内の関係機関或いは関係者発行の招聘状FAX・写し可)

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、滞在日時出入国日、訪問地、及び招へい者勤務先、申請者との続柄、滞在費用負担者等。

 ③招へい機関或いは招へい者に関する情報:招へい機関名称或いは招へい者姓名、電話番号、住所、招へい機関印、取締役代表或いは招聘人の署名。

 ※数次査証を申請する際には上記以外にも以下の書類が必要です。

  以前に取得した数次査証或いは出入境記録のコピー、又は被授権単位数次査証招聘状。

 

商務・貿易

M

商業貿易業務で訪中する物

●中国国内の貿易相手発行の商務活動書類、経貿交易会招聘状など。

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国予定日、訪問地等。

 ③招へい機関或いは招へい者に関する情報:招へい機関名称或いは招へい者姓名、電話番号、住所、招へい機関印、取締役代表或いは招聘人の署名。

 ※数次査証を申請する際には上記以外にも以下の書類が必要です。

  以前に取得した数次査証或いは出入境記録のコピー、又は被授権単位数次査証招聘状。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観 光

 

●航空券(E-チケット控え)コピー

●下記のいずれか

①ホテル手配確認書

②中国国内機関発行の招聘状(FAX・写し可)

③中国在住者発行の招聘状(FAX・写し可)と発行者の身分証明書両面コピー(中国人)/パスポート、中国滞在証明の写し(外国人)

※招聘状の内容

☆申請人の名前、性別、国籍、生年月日等

☆申請人出入国日、観光地等

☆受け入れ先名称、連絡先、住所、社判、取締役代表者氏名の記名あるいは招聘人の署名

90日滞在ビザの場合、中国大使館が求めるその他の書類が必要

 

就労

Z

 

下記のいずれか

   

①「外国人就業許可通知」
②「外国専家来華工作許可証」
③「外国(地区)常駐機構登記証」
  ビジネス公演許可書類及び「短期就業証明」(短期ビジネス公演で訪中の申請者のみ適用)
⑤「外国文化センター招聘職員確認書」                         
⑥「外国人在中華人民共和国従事海上石油作業招聘状」

中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族団らん、

私的事務

長期滞在

S1

中国で就労、留学などの理由で滞在してる配偶者、父母、18歳未満の子女、配偶者の父母、及びその他私的理由により中国に居留中の人員を長期(180日以上)訪問

●中国国内に居留する外国人(招聘する親族)からの招聘状FAXPDF可)

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国日時、滞在地、予定滞在日数、及び招へい者との続柄、滞在費用負担者等。

 ③招へい者に関する情報:招へい者姓名、電話番号、住所、招聘者の署名

招聘者のパスポートコピー、居留証コピー

●申請者と招へい者の家族関係を証明する書類(戸籍謄本、結婚届、出生届、公安派出所発行の関係証明或いは親族関係公証書等)

 

※駐在者・留学生の親族の他、私人事務等の目的での申請があります。

その場合、中国大使館が求める追加書類が必要です。

※中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります。

 

家族団らん、

私的事務

短期滞在

S2

中国で就労、留学などの理由で滞在してる外国人の家族、及びその他私的理由により中国に居留中の人員を短期(180日以下)訪問

●中国国内に居留する外国人(招聘する親族)からの招聘状FAXPDF可)

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国日時、滞在地、予定滞在日数、及び招へい者との続柄、滞在費用負担者等。

 ③招へい者に関する情報:招へい者姓名、電話番号、住所、招聘者の署名

招聘者のパスポートコピー、居留証コピー

●申請人と招聘人の親族関係を証明する書類(戸籍謄本、結婚届、出生届、公安派出所発行の関係証明或いは親族関係公証書等)

 

※駐在者・留学生の親族の他、私人事務等の目的での申請があります。

その場合、中国大使館が求める訪中目的に関する書類が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親族訪問、扶養

Q1

親族訪問の目的で、中国在住の中国人親族家族(配偶者、父母、子女、子女の配偶者、兄弟姉妹、祖父母、孫子女及び配偶者の父母)を訪問、又は中国永住居留権所持者の外国人を訪問、及び扶養目的で訪中する者。(180日以上)

●追加必要書類(目的別に異なります)

家族滞在目的の場合の必要書類★

●中国国内に居住する中国人もしくは永住許可を持つ外国人発行の招聘状

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国日時、滞在地、予定滞在日数、及び招へい者との続柄、滞在費用負担者等。

③招へい者に関する情報:招へい者姓名、電話番号、住所、招聘者の署名

招聘人の身分証両面コピー(中国人)/パスポートコピー、居留証コピー(外国人)

●申請人と招聘人の家族関係証明(戸籍謄本・結婚届・出生届・公安局発行の関係証 明又は親族関係公証等)

★扶養目的の場合の必要書類★

●日本外務省と在日本中国大使館(領事館)の認証済の「寄養委託書」原本、コピー

●委託人のパスポート原本、コピーと被扶養児童の「出生証明」原本、コピー

●扶養受託人発行の扶養受託同意書並びに身分証明書コピー

●被扶養児童の父母いずれか一方が中国籍の場合は中国国籍者の在留カードコピー

※日本の長期在留資格をお持ちの方は、招聘人になることができません。

※お子様のビザ申請についてはお問合せください。

※中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります。

 

 

親族訪問

Q2

短期で中国在住の中国人家族、及び中国永住居留権保持者を訪問。(180日以下)

●中国国内に居住する中国人もしくは永住許可を持つ外国人発行の招聘状

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国日時、滞在地、予定滞在日数、及び招へい者との続柄、滞在費用負担者等。

③招へい者に関する情報:招へい者姓名、電話番号、住所、招聘者の署名

招聘人の身分証両面コピー(中国人)/パスポートコピー、居留証コピー(外国人)

●日本戸籍謄本

●申請人の中国国籍の父或は母の在留カード両面コピー(中国国籍の方と日本国籍の方の間子のビザ申請に限ります。)

※お子様のビザ申請についてはお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留 学

X1

中国で留学する者。(180日以上)

「録取通知書」

「外国留学人員来華査証通知表(JW202またはJW201)」

 

※中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります。

 

留 学

X2

中国で留学する者。(180日以下)

「録取通知書」

 
 
 

通過

中国国境線を通過する者

訪問予定地(第3国)への予約済全旅程の航空券または乗船券または乗車券

●訪問予定国にビザが必要な場合はビザコピー

宿泊を伴うトランジットの場合は、ホテル予約確認書

 

常駐記者

J1

 

●中国外交部新聞司発行の査証通知函

●中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります

 

臨時記者

J2

 

●中国外交部新聞司等発行の査証通知函

 

乗務員

 

●外国運輸輸送会社発行の保証書(勤め先の国際運輸輸送会社からの証明書等)

  或いは中国国内の関係機関発行の招聘状

●中国大使館が求めるその他の必要書類

 

定 住

 

●「外国人永久居留身分確認表」

●中国大使館が求めるその他の必要書類

 

人 材

 

●中国政府関係主管部門が確定している外国人高レベル人材または喫緊に必要と

  される専門家 の導入条件に合致した規定に基づき、それを証明する関係書類

●中国大使館が求めるその他の必要書類

 
 


































































































































































































































































三、注意事項

()招聘状はファックス、コピーあるいはプリントしたものも使用可能ですが、領事官員が原本の提出を求める場合もあります。中国国内の個人が発行する招待状には、身分証のコピーを添えてください。

()申請情況によっては、領事官員が他の証明書類や追加書類、又は申請者との面談を要求する場合があります  

()申請者の具体的申請内容によって、領事官員がビザ発給の可否、ビザの有効期間、入国回数および滞在期限を決定します。





Print
COPYRIGHT ©2008-2014 CVASC. ALL RIGHTS RESERVED 業務時間

名古屋ビザ申請センター

愛知県名古屋市中区錦一丁目5番11号名古屋伊藤忠ビル4階413号室

電話:81-(0)3-3599-5515 FAX:81-(0)52-228-0129

mail:nagoyacenter@visaforchina.org 



第一歩 申請資料の準備

以下の材料の準備が必要となります。

一、基本的申請資料

(一)パスポート:有効期間が申請日から6ヶ月以上、査証欄に余白ページがあるパスポート原本、およびパスポートの顔写真入りのページのコピー1部。

(二)ビザの申請表と写真:すべて記入して署名済みの『中華人民共和国ビザ申請表』の1部。写真の要求:近影、正面、カラー(白い色の背景)、脱帽、パスポート用写真(48mm×33mm)、具体的な規定はここをクリックください(2017年1月1日から実施)。

ビザ申請センターのウェブサイトからオンラインで記入し(この機能を有するビザ申請センターに適用される)、すべて記入した後でプリントアウトして署名する。

ご注意:ビザ申請センターにお越しになって申請表を提出される際には、必ず記入済みのビザ申請表をご用意ください。

(三)合法的な滞在あるいは居留証明(所在国の国籍を持たないビザ申請者に適用):もしも国籍を持たない国でビザ申請を行う場合には、現地での合法的な居留、就労、学習の有効な証明あるいは有効なビザの原本とコピーを提供してください。

(四)もと中国パスポートあるいはもと中国ビザ(もともと中国国籍を持っていて、後に外国国籍を取得した者):初めて中国ビザを申請する場合には、もとの中国パスポート原本とパスポートの顔写真入りのページのコピーを提供してください。また、中国ビザを取得したことがあり、新たに更新した外国パスポートでビザを申請する場合には、もとのパスポートの顔写真入りのページおよび取得した中国ビザのコピーを提出してください(新しいパスポートに記載された名前がもとのパスポートと一致しない場合には、関係する公的機関が発行した姓名変更を証明する文書を提供してください)。

 

、その他の申請材料

ビザ種類

申請対象者

必要書類 | 注意事項

 

交流・訪問・視察

F

交流、訪問、視察等の商業活動以外で訪中する物

●中国国内の関係機関或いは関係者発行の招聘状FAX・写し可)

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、滞在日時出入国日、訪問地、及び招へい者勤務先、申請者との続柄、滞在費用負担者等。

 ③招へい機関或いは招へい者に関する情報:招へい機関名称或いは招へい者姓名、電話番号、住所、招へい機関印、取締役代表或いは招聘人の署名。

 ※数次査証を申請する際には上記以外にも以下の書類が必要です。

  以前に取得した数次査証或いは出入境記録のコピー、又は被授権単位数次査証招聘状。

 

商務・貿易

M

商業貿易業務で訪中する物

●中国国内の貿易相手発行の商務活動書類、経貿交易会招聘状など。

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国予定日、訪問地等。

 ③招へい機関或いは招へい者に関する情報:招へい機関名称或いは招へい者姓名、電話番号、住所、招へい機関印、取締役代表或いは招聘人の署名。

 ※数次査証を申請する際には上記以外にも以下の書類が必要です。

  以前に取得した数次査証或いは出入境記録のコピー、又は被授権単位数次査証招聘状。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観 光

 

●航空券(E-チケット控え)コピー

●下記のいずれか

①ホテル手配確認書

②中国国内機関発行の招聘状(FAX・写し可)

③中国在住者発行の招聘状(FAX・写し可)と発行者の身分証明書両面コピー(中国人)/パスポート、中国滞在証明の写し(外国人)

※招聘状の内容

☆申請人の名前、性別、国籍、生年月日等

☆申請人出入国日、観光地等

☆受け入れ先名称、連絡先、住所、社判、取締役代表者氏名の記名あるいは招聘人の署名

90日滞在ビザの場合、中国大使館が求めるその他の書類が必要

 

就労

Z

 

下記のいずれか

   

①「外国人就業許可通知」
②「外国専家来華工作許可証」
③「外国(地区)常駐機構登記証」
  ビジネス公演許可書類及び「短期就業証明」(短期ビジネス公演で訪中の申請者のみ適用)
⑤「外国文化センター招聘職員確認書」                         
⑥「外国人在中華人民共和国従事海上石油作業招聘状」

中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族団らん、

私的事務

長期滞在

S1

中国で就労、留学などの理由で滞在してる配偶者、父母、18歳未満の子女、配偶者の父母、及びその他私的理由により中国に居留中の人員を長期(180日以上)訪問

●中国国内に居留する外国人(招聘する親族)からの招聘状FAXPDF可)

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国日時、滞在地、予定滞在日数、及び招へい者との続柄、滞在費用負担者等。

 ③招へい者に関する情報:招へい者姓名、電話番号、住所、招聘者の署名

招聘者のパスポートコピー、居留証コピー

●申請者と招へい者の家族関係を証明する書類(戸籍謄本、結婚届、出生届、公安派出所発行の関係証明或いは親族関係公証書等)

 

※駐在者・留学生の親族の他、私人事務等の目的での申請があります。

その場合、中国大使館が求める追加書類が必要です。

※中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります。

 

家族団らん、

私的事務

短期滞在

S2

中国で就労、留学などの理由で滞在してる外国人の家族、及びその他私的理由により中国に居留中の人員を短期(180日以下)訪問

●中国国内に居留する外国人(招聘する親族)からの招聘状FAXPDF可)

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国日時、滞在地、予定滞在日数、及び招へい者との続柄、滞在費用負担者等。

 ③招へい者に関する情報:招へい者姓名、電話番号、住所、招聘者の署名

招聘者のパスポートコピー、居留証コピー

●申請人と招聘人の親族関係を証明する書類(戸籍謄本、結婚届、出生届、公安派出所発行の関係証明或いは親族関係公証書等)

 

※駐在者・留学生の親族の他、私人事務等の目的での申請があります。

その場合、中国大使館が求める訪中目的に関する書類が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親族訪問、扶養

Q1

親族訪問の目的で、中国在住の中国人親族家族(配偶者、父母、子女、子女の配偶者、兄弟姉妹、祖父母、孫子女及び配偶者の父母)を訪問、又は中国永住居留権所持者の外国人を訪問、及び扶養目的で訪中する者。(180日以上)

●追加必要書類(目的別に異なります)

家族滞在目的の場合の必要書類★

●中国国内に居住する中国人もしくは永住許可を持つ外国人発行の招聘状

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国日時、滞在地、予定滞在日数、及び招へい者との続柄、滞在費用負担者等。

③招へい者に関する情報:招へい者姓名、電話番号、住所、招聘者の署名

招聘人の身分証両面コピー(中国人)/パスポートコピー、居留証コピー(外国人)

●申請人と招聘人の家族関係証明(戸籍謄本・結婚届・出生届・公安局発行の関係証 明又は親族関係公証等)

★扶養目的の場合の必要書類★

●日本外務省と在日本中国大使館(領事館)の認証済の「寄養委託書」原本、コピー

●委託人のパスポート原本、コピーと被扶養児童の「出生証明」原本、コピー

●扶養受託人発行の扶養受託同意書並びに身分証明書コピー

●被扶養児童の父母いずれか一方が中国籍の場合は中国国籍者の在留カードコピー

※日本の長期在留資格をお持ちの方は、招聘人になることができません。

※お子様のビザ申請についてはお問合せください。

※中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります。

 

 

親族訪問

Q2

短期で中国在住の中国人家族、及び中国永住居留権保持者を訪問。(180日以下)

●中国国内に居住する中国人もしくは永住許可を持つ外国人発行の招聘状

※招聘状の内容:

 ①申請者個人に関する情報:姓名、性別、国籍、生年月日など。

 ②申請者訪中に関する情報:訪中理由、入出国日時、滞在地、予定滞在日数、及び招へい者との続柄、滞在費用負担者等。

③招へい者に関する情報:招へい者姓名、電話番号、住所、招聘者の署名

招聘人の身分証両面コピー(中国人)/パスポートコピー、居留証コピー(外国人)

●日本戸籍謄本

●申請人の中国国籍の父或は母の在留カード両面コピー(中国国籍の方と日本国籍の方の間子のビザ申請に限ります。)

※お子様のビザ申請についてはお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留 学

X1

中国で留学する者。(180日以上)

「録取通知書」

「外国留学人員来華査証通知表(JW202またはJW201)」

 

※中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります。

 

留 学

X2

中国で留学する者。(180日以下)

「録取通知書」

 
 
 

通過

中国国境線を通過する者

訪問予定地(第3国)への予約済全旅程の航空券または乗船券または乗車券

●訪問予定国にビザが必要な場合はビザコピー

宿泊を伴うトランジットの場合は、ホテル予約確認書

 

常駐記者

J1

 

●中国外交部新聞司発行の査証通知函

●中国に入国後、30日以内に居留する地域の県級以上の人民政府公安機関出入境管理機関で居留申請をする必要があります

 

臨時記者

J2

 

●中国外交部新聞司等発行の査証通知函

 

乗務員

 

●外国運輸輸送会社発行の保証書(勤め先の国際運輸輸送会社からの証明書等)

  或いは中国国内の関係機関発行の招聘状

●中国大使館が求めるその他の必要書類

 

定 住

 

●「外国人永久居留身分確認表」

●中国大使館が求めるその他の必要書類

 

人 材

 

●中国政府関係主管部門が確定している外国人高レベル人材または喫緊に必要と

  される専門家 の導入条件に合致した規定に基づき、それを証明する関係書類

●中国大使館が求めるその他の必要書類

 
 


































































































































































































































































三、注意事項

()招聘状はファックス、コピーあるいはプリントしたものも使用可能ですが、領事官員が原本の提出を求める場合もあります。中国国内の個人が発行する招待状には、身分証のコピーを添えてください。

()申請情況によっては、領事官員が他の証明書類や追加書類、又は申請者との面談を要求する場合があります  

()申請者の具体的申請内容によって、領事官員がビザ発給の可否、ビザの有効期間、入国回数および滞在期限を決定します。